ストレスチェックについては、労働者を守るために、企業や会社などに義務付けされているものであり、高ストレスと診断された場合には、ただちに休職などの措置がとられることが、当然となっています。

この高ストレスについては、職場環境などが悪く、メンタルヘルスがおかしくなってしまっている状態、例えば夜、全く眠れない、睡眠薬などがなければ眠れない、落ち着かないほど気分が不安定、絶望的、このような症状が続き、体には胃痛の不快感、酷い吐き気、ストレスによる高熱などの症状が出たケースなどが挙げられます。

このような情報を、管理者はストレスチェックを行っている産業医やカウンセラー、または従業員が精神科や心療内科などに通っている場合には、これらを基準、または医師の診断書などを基準として、労働に従事している社員の安全、心と体の安全を守ること、このことが義務づけられています。

それと同時に、職場環境が悪い場合には、人事などと上司が主治医や産業医の先生などから話を聞き、面接などを行い、働いている人の健康の悪化を食い止めるために、部署を異動するなどの措置、指導などが上から出される場合があります。

ただ、このような異動の決定権については、人事などが介入し、また他の部署の空き状態などもあり、すぐに異動などを認めてくれる企業は優良企業と言えますが、実際にはなかなか、異動などが難しく、このような企業の場合、ブラック企業などのケースがあります。